買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

フェイク商品

time 2017/03/12

フェイク商品

甘いもの好きですか?

僕は大好きです。困ったことに。

好きだけどあまり食べませんね。

こんなページ書いてますから。

 

甘いものでも特に好きなのは生クリーム。

一度、泡立てて生クリームをまるごと1人で食べたことがありました。

さすがに胃がもたれて気持ちが悪くなりましたね。

 

さて、そんな生クリーム。

実は僕らが考えている生クリームじゃない場合もあります。

 

そもそも生クリームって何からできているイメージですか?

ミルクですよね。

 

じゃあこれは??

ミルククリームって書いてますね。

表記はこうです。

ホイップクリーム。

もちろんミルクも入ってるのでミルククリームという表記はOKです。

 

ホイップクリーム売り場を見てみましょう。

ホイップとフレッシュと生クリームが売ってます。

男ならこんな違いは普通知りませんね。

全部一緒だと思ってました。

なんで値段に差があるのだろうと。

 

ホイップの成分を見てみると…

書かれているもの順で量の割合が多いということです。

一番は植物油脂。

何の植物かは分かりませんが。

37%が油。

そこに脱脂粉乳と乳化剤と水を入れたら完成。

コーヒーフレッシュと同じ作り方ですね。

こっちの場合量が多いので、やはりトランス脂肪酸が心配。

 

で、さっきのワッフルはこれがクリームなんです。

 

クリーム系の商品はこれが使われているの、多いですね。

おそらくケーキも何日も放置しても形が変わらないので油のクリームなのでしょう。

これを使うメリットは溶けないので、見た目がきれいなまま維持できます。

クリームが溶けてしまうと売る側としては大変ですからね。

見た目が悪いとクレームも出ますし。

 

ケーキを家で作ったことがある人ならこのクリームの違いは実感できるかもしれませんね。

砂糖を大量に入れたらあまり変わりませんし。

 

ラベルを見たらすぐに分かります。

買い物の時、癖にしましょう。

down

コメントする




ポジティブ思考

人と比べない

買い物の注意点