買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

アンパンとメロンマン

time 2017/03/18

アンパンとメロンマン

アンパンマンとメロンパンナちゃん。

パンの人気コンビですね(^^)

 

僕、昔あんこの粒あんが苦手であんぱん食べられなかったのですが、気付いたら食べられるようになっていて、今は大好きです。

メロンパンは人生で一回はハマる時ありますよね。

高校の時毎日のように食べてました。

特にこれ。メロンパンあるあるですね。

 

 

健康の観点から見ると、どちらが体に優しいでしょうか?

 

 

ちなみに、コンビニやスーパーで売られている菓子パン、添加物がめちゃくちゃ多いのでおすすめしません。

クリーム系のパンが長持ちするわけはないのですが、あの賞味期限を見ると不自然ですね。

賞味期限を切れても問題なく食べられます。

こんな感じで。

敷島製パン、食パンの超熟では添加物入ってないのに、クリームパンはちょっと残念ですね…。

 

災害など、非常時にはこれがメリットに働くかもしれませんが、通常時はわざわざ添加物の多いパンを選ぶ必要はないかなと個人的に思っています。

 

 

前提はパン屋で作られているアンパンとメロンパンで比べます。

メロンパン、表面のカリカリと甘さが美味しいですよね。

ほぼビスケットのようなものです。

カロリーで見るとメロンパンが400キロカロリーを超えているものが多く、アンパンは300キロカロリー程度。

どちらもまあまあカロリーが高いですが、カロリープラス砂糖でややメロンパンはアンパンに比べたら、たくさん食べるべきものではないですね。

 

 

三つ子の魂100までといいますが、子供の頃から甘いものや添加物を食べる習慣をつけてしまうと、これが味覚のベースとなってしまうので、よろしくありません。

作るのが面倒くさいからと言ってこういう菓子パンをご飯代わりにあげないようにしましょう。

肥満は体質や遺伝よりも、家庭の食生活のほうが関係あるんじゃないかなとも思います。

家族みんなが似たようなカロリーの高い食事を食べていたらそりゃ同じ体格になりますよね。

食生活と健康は大きな関係を持ちます。

食べているものから体は作られます。

添加物、中毒性のあるものをできるだけ避けること。

買い物をする主にお母さん、選択が家族の健康を支えます。



down

コメントする




ポジティブ思考

健康知識

買い物の注意点