買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

除菌好きな日本人

time 2017/05/16

除菌好きな日本人

先程の動画、見ましたか?

別に見てなくても構いません、特に意味のあるコマーシャルでもないので。

ファブリーズは母の愛とか言っちゃってますが、本当に愛でしょうか。

 

 

うちにあったファブリーズは『除菌、消臭』と書かれています。

成分を見てみましょう。

食品表示とは違ってこういうものはわかりづらいですね。

詳細な成分名を明らかにしていないのは、これら消臭製品が「家庭用品品質表示法」に当てはまらないからだそうです。

 

 

 

化学物質過敏症って知ってますか?

その名の通り、化学物質にアレルギー反応を起こし、皮膚の異常や咳や目のかゆみなど、様々な症状が出ます。

新築の家に引っ越したら体に異変が起こったなんて話も聞きますが、まさにこれですね。

 

 

シュッとスプレーをします。

爽やかな匂いとともに、空気中の嫌な匂いがなくなった気になります。

その匂い、どこに行ったでしょう?

スプレーを噴射した時にその匂いを添加物が取り込み、床などへ。

当然噴射したスプレーも残ってますね。

大量にベッドにシュッと振った場合、その量だけ化学物質が残っているわけです。

 

 

僕は幸いなことに今まで異常が出たことがありません。

が、敏感な人は分かるはず。

大量にスプレーした後に残る化学物質が。

実際にネットでよく見ます、ファブリーズを振った後に症状が出た人の声。

 

 

除菌成分。

物質名は明らかではないですが、化学物質です。

殺菌剤には銀イオン系や、四級アンモニウム塩などの成分が使われているものがあります。

害はあるが適量ならば大丈夫、と東京都健康安全研究センター研究年報は発表しています。

 

 

適量って??

マウスで実験した結果で適量って分かるのでしょうか?

適量の定義が間違っていた時、誰が責任を取るのでしょうか。

メーカーは取りません。

私達、法律に基づいてこの商品を作っているから原因は私達ではありませんとなりますね。

 

 

食品の適量とはまた意味が違ってきますね。

適量のお酒は体にいいかもしれません。

量を間違わなければ。

けど、適量の化学物質でも体に悪いです。



次へ:除菌の意味は?

down

コメントする




ポジティブ思考

買い物の注意点