買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

塩?それとも塩化ナトリウム?

time 2017/05/18

塩?それとも塩化ナトリウム?

塩の作り方。

今は中学校の理科の授業でイオンの範囲が出てきます。

そこで習います。

めちゃくちゃ難しいことを中3でやってますよ。

僕、塾の講師してたので勉強し直しましたが、実はイオンってそもそも何ってことがイマイチ理解できてません。

 

 

酸性とアルカリ性を混ぜたら中性になるという実験で、この塩が出てきます。

水酸化ナトリウム(NaOH)と塩化水素(HCl)を混ぜます。

はい、読む気なくなりますね。

2行だけ我慢してください。

すると、OHとHがくっついて水に。

NaとClがくっついてNaCl(塩化ナトリウム)に。

塩化ナトリウム=塩(えん)ですね。理科の用語で。

 

 

この塩、純粋な塩化ナトリウムなので、ミネラル分やマグネシウム分・カリウム分・カルシウム分は含まれていません。

ミネラルは人間が摂るべき栄養素です。

ちなみに人間の体を維持する5大栄養素はビタミン・ミネラル・脂質・糖質・たんぱく質です。

ミネラルは人間の体で作ることができないので、食べ物から摂るしかありません。

現代の食生活、ミネラル不足になりやすいです。

 

 

この理科の実験と同じように、塩化ナトリウムの純度が高く、ミネラルなどを含まない塩がイオン膜の工程で作り出される塩。

裏面、よく見てみてください。

工程が書かれています。

グルタミン酸ナトリウム入ってるし…。

 

 

では、海水の栄養が残っている塩は??

これが皆さん知りたいことですよね。

大きく2つあります。

覚えておきましょう。



次へ:ミネラルを含む塩

down

コメントする




買い物の注意点