買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

抗生物質と風邪

time 2017/07/09

抗生物質と風邪

抗生物質、1928年に発明され、今では何かと処方されますね。

病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えたりする役割を持ちます。

この薬のおかげで治らなかった病気で苦しんでいた方が救われているでしょう。

 

 

何かあればとりあえず抗生物質を処方する。

そんなお医者さんも一時期増えてきましたが、最近は「抗生物質をすぐに出す医者は信用できない」という意見も増えてきましたね。

 

細菌感染によって重篤な病気を引き起こす可能性がある場合、抗生物質は役に立ちます。

結核や肺炎などは細菌感染でなることもあります。

 

 

では風邪の場合は?

調べてみましょう。

次へ:風邪と抗生物質

down

コメントする




ポジティブ思考

健康習慣

買い物の注意点