買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

同じメーカーのものでも…

time 2017/07/22

同じメーカーのものでも…

毎日暑いですね。

夏バテ対策に酢といいます。

酸っぱいものを摂ることで、食欲が促進され、唾液と胃液を分泌し、消化を助けます。

また、酢に含まれるクエン酸の力が疲れを取り、元気にしてくれます。

 

今日はそんな酢のお話。

酢といえばミツカンさんが有名です。

いい商品を出しているなというイメージは個人的に持っています。

が、よく見ると同じメーカーのものでも全然作り方が違うんですよね。

 

 

次に紹介する商品の違い、知っておくと便利です。

本物の酢と科学的な酢と、簡単に見分けられますので。

次へ:酢の見分け方

コメント

  • >よく見ると同じメーカーのものでも全然作り方が違うんですよね。

    3つの例に挙げられている酢、使用する用途が違うからじゃないですか?
    3種類、それぞれ、料理に使う際、使用方法が違います。

    by たつこ €2017年7月23日 11:36 PM

    • 使用する用途は同じだと商品の裏側に書かれています。
      すべてどの料理も使えるようですので味の違いでしょうね。

      by healthnavi €2017年7月25日 2:48 PM

  • お返事ありがとうございます。
    書き方が悪かったようで、申し訳ありません。
    「使用用途」は同じですね。
    「使用方法」は違ってくるのでは?という意味でした。
    純米酢はもし原液をそのまま口に含めば、思わず吐き出したくなるほどの刺激があって、喉が痛くなるほど、きついものです。
    でもこれを酢の物に使おうとすると、自分で、この純米酢にだし汁を足して、お砂糖を加えて、好みで、二杯酢・三杯酢にしたりして作りますもんね。
    これが昔からの酢の物の作り方で、
    「やさしい酢」?は私は見たことないので、飛ばしまして、
    「カンタン酢」は極端に言えば、この液そのままですぐに簡単に酢の物を作ることができるのです。
    砂糖もだし汁も入っているので。
    なので名前の由来が「カンタン酢」なのでは?と思いますよ。
    酢の物だけでなく、マリネやピクルスにも応用できるようで、マリネならあとオリーブオイルや粒入りマスタードを足したり。
    本当に簡単にできるので、実は私、愛用してます。
    「やさしい酢」はここで書かれているのを見ますと、砂糖が入っているので、すし飯を作るくらいに使えるんでしょうか。
    純米酢原液よりも、口に入れたら全然優しい!という意味で「やさしい酢」という命名なのかなと想像しました。
    ミツカンさんがお酢を作るのに、もちろん、純米酢があれば、それを買って、酢の物もマリネもピクルスも色んなすべてのお酢を使う料理に使えるので、1種で元々はいいんでしょうが、調味料の「さ・し・す・せ・そ」だけではなく、段々スーパーには色んな簡単に味付けするものが増えてきて、「さしすせそ」だけでいいのに「すき焼きのたれ」とか「どんぶりの素」・「うどんだし」とか、できてきた…。
    それと同じなんじゃないかなと思います。
    色々発展して、料理にすぐにお酢を使えるように加工されてるんですね。
    純米酢は原液なので、高価なのは当然であり、徐々に薄まっていってるので(やさしい酢→カンタン酢)、安価になるのも自然の現象です。
    申し訳ないです、いつも長文コメントで。

    by たつこ €2017年7月26日 5:39 PM

down

コメントする




ポジティブ思考

買い物の注意点