買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

目薬の意味

time 2017/10/09

目薬の意味

7年ほど前、レーシックの手術を受けました。

あの頃流行ってましたよね。

社会人になってから急激に視力が落ちたので、手術をして視力が戻ったのはとても快適でした。

潰れる会社もあってビビってるんですけどね^^;

 

 

元々ドライアイ気味だったので目薬を使う習慣はかなり長いです。

スカッとして気持ちいいというか、なんか目が潤っている感じがします。

そもそも目が疲れるのは、充血していて、目に血液が多く流れている状態です。

人間にとってはそれが自然な現象なのでしょう。

 

目薬は血管収縮剤で血管を縮めることで充血の状態を元に戻そうとします。(全ての目薬が該当するわけではありません)

薬なんで効果が切れる時があります。

そしたらまた目薬を使う。

1日何回使っていますか??

これが続くとダイエットと同じように血管もリバウンドして太くなって、慢性の充血になる人もいるようです。

副作用に目の渇きと書かれている目薬もあるようですが、一体この薬の意味は??と疑問に思います。

次へ:防腐剤

down

コメントする




ポジティブ思考

健康知識

買い物の注意点

食生活