買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

柿が赤くなれば、医者が青くなる

time 2017/10/13

柿が赤くなれば、医者が青くなる

柿のすごいところ、たくさんあります。

まずビタミンCの多さ。

一個食べると一日分のビタミンCが補え、その量はみかんやグレープフルーツよりも豊富。

しかも生で食べるので、ビタミンCを摂るのに適しています。

また、寒くなり風を引きやすい季節ですが、ビタミンCは白血球をパワーアップしてくれる栄養素でもあります。

 

 

そして免疫力アップ。

βカロテンが豊富に含まれています。

風邪のひき始めや予防に、粘膜を強くし備えてくれます。

柿が赤くなれば、医者が青くなるとは風邪などの病気を防ぎやすいからなんですね。

 

 

他にはビタミンCやビタミンAによる、ガンの予防、アンチエイジング効果。

Lシステインという成分が肌の細胞の色を白くし、染みを薄くする効果。

酵素の活性化による二日酔い防止など。

なかなか万能な果物です。

 

 

さらに渋柿を利用して作る干し柿。

これ、考えた人天才ですね。

あの渋い柿を干したら食べられるなんて。

こちらは食物繊維が同じ重さのごぼうの2倍も含まれています。

便秘解消効果もあり、内側からきれいにしてくれるすごいフルーツです。

次へ:実以外にも

down

コメントする




ポジティブ思考

健康知識

買い物の注意点

食生活