買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

肉食のリスク

time 2017/11/27

肉食のリスク

同物が何を食べるかは歯を見ろって言いますよね。

人間の歯の割合は臼歯5:門歯2:犬歯1

この比率で穀物、野菜、肉を食べなさいと教わったことありますよね。

 

でも、人間の犬歯は本物の犬歯ではなく、名残でしかないそうです。

確かに狼やライオンの犬歯は鋭いですが、人間の歯はそんなに…。

つまり肉を食べる必要はまったくないという説もあります。

 

 

肉食動物の消化器官の長さは体長の3倍。

人間は12倍あります。

肉は消化器官に入ると腐敗します。

腐敗したら有毒物を生み出します。

肉食動物は腐敗する前に素早く体外に排泄するので、消化器官が短いんです。

 

腐るって漢字は府(消化器)に肉が入ると書きます。

なるほど、昔の人は知っていた!!

 

 

肉食動物は唾液が酸性です。

肉を溶かすためです。

対して人間は穀物を溶かすためのアルカリ性。

 

 

そして体への影響。

アメリカ人って肉食のイメージありますよね。

もうアメリカ行ったら毎日肉食べてました、僕。

ビビるぐらい分厚いステーキを。

 

 

アメリカ人の二人に一人が心臓マヒで亡くなります。

その原因が肉の食べ過ぎだと言われています。

そして、動物食を避けるビーガンベジタリアンは一般のアメリカ人に比べ心臓マヒが8分の1だということが、研究でわかっています。

他にも脳卒中、乳がん、大腸がん、糖尿病の増加のデータがあります。

 

 

やはり体に合わないものは負担なのでしょう。

肉中心の生活は控えるべきなのでしょうね。

昔の日本食が最高の食べ物です。

 

僕らが肉を食べる量を減らせばこんなところにも影響が出ます。

次へ:僕らの食が地球を変える

down

コメントする




ポジティブ思考

健康習慣

買い物の注意点

食生活