買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

不自然と便利さ

time 2018/01/22

不自然と便利さ

こんにちは!

イチローです。

もしかしたら、去年植えた玉ねぎ、失敗してるかもしれません…。

 

農業を甘く見るなってことですね。

土の状態やら、いろいろあるのでしょうが、こうやって自然と日々対面している農家さん、すごいなと思います。

日当たりが悪かったり、台風が来たりで作物が育たないと自分の生活に直結してしまうプレッシャーもありながら、こうやって野菜を作ってくれている訳です。

 

 

読んだ方もいらっしゃると思います、「タネが危ない」という野口さんの本。

詳しくF1種のことが書かれていて、実際にそういう見方で野菜を観察すると、確かに書かれてることが現実に起こってるなって思うんです。

なぜF1種が広がったのか、固定種を残すためになにをすべきかを考えていきましょう。

次へ:全く同じ

コメント

  • もう何十年も前にインドで「緑の革命」が大失敗に終わったというのに、何で日本で同様のことをやろうとしているのか理解できません。
    「種」を支配されるということの恐ろしさを、多くの人に知っていただく必要があります。
    今もインドでは遺伝子操作をされた「綿花」の種を使用した農家の方の自殺者が後を絶たないそうです。

    by 中村 泰彦 €2018年1月23日 8:20 AM

down

コメントする




ポジティブ思考

人と比べない

健康知識

買い物の注意点