買い物の学校

ちゃんとしたものを買い、健康を保ちましょう。

一人分のお米を作るのにどれだけの田んぼの広さが必要?

time 2018/01/03

一人分のお米を作るのにどれだけの田んぼの広さが必要?

昔の武将は〇〇石の領土を持っていると社会の本で書かれていましたが、例えば300万石って、300万人が一年で食べられる米を生産できる土地の量だそうです。

昔ほど米を食べなくなった日本人、年々その量は減っていて、今はこんな感じです。

 

およそ11m×11mの広さの田んぼがあれば一人分。

坪数でいうと36坪ほど。

22m×22mで4人家族分。

かなりの広さの土地が必要になります。

 

 

日本人全体のお米の量をまかなおうとすると広大な土地が必要です。

北海道、秋田、新潟などお米の産地では想像を絶する広さの田んぼがあるんでしょうね。

田んぼをつくるのには土地の条件などなかなか大変な作業です。

しかし、せっかく昔から作られた土地で、今米の消費量が年々低下しているため、米の生産量を減らしている状況です。

もったいないことですね。

それなのに海外から輸入している食品に依存し、食料自給率は先進国の中でも下位です。

せっかく米というものすごい食料を作れるのに…。

個人的に、この素晴らしい米は子孫に残していくべきだと思っています。

残す方法は、皆が米を食べることです。

次へ:味覚を戻そう

down

コメントする